2012年12月23日

Tivori Audio Model One モノラルスピーカーとは思えない感動の音との出会い

ながらくPC用スピーカーとして愛用していたJBL Creatureのサテライトスピーカーの埃を取り除くべく、綿棒を使って清掃しようとしたところ、すでに加水分解しており、ボロボロとコーン周辺のエッジが崩れてしまい、やむなく新しいPC用スピーカーを探していて、全く選択肢に入っていなかったこの製品に行き着いた。

コンパクトで音がよく、デザインが良いものを条件に、タイムドメインmini、BOSE SoundLinkなどが最終候補だったが、木製キャビネットの暖かみあるデザインとついでにラジオが聞けることに惹かれて選択した。

まず、本来の目的であるPC用スピーカーとして接続してみる。と、驚愕のサウンドであった。とてもモノラルスピーカーとは思えない解像感と立体感。ギターサウンドなどはヘッドフォンで聞いているような繊細な響きが伝わってくる。さすがにJBL Creatureのサブウーファーからでる重低音はないものの、バランスのいい低音が出る。

底面に開けられた穴。ここティッシュ等を詰めて音質の調整も。

更に、映画をみてみるとモノラルなのに左右への音源の移動すら感じ取れるのだ。音の分解能が高いため、いわゆる奥行きが感じられ、不足している左右の位相差を耳が勝手に補完しているのだと思う。

ジャズなどを聞いていると、まるで目の前で演奏をしてくれているようで、高級オーディオなど知る由もないが、個人的にはこれほど綺麗で深みがあり、なんというか、腑に落ちる音を奏でるスピーカーは初めての経験であった。

独特の感触をもつチューナー操作部。AUX切替スイッチがある。

3インチのフルレンジスピーカー。カバーは金属製。

ラジオとしての機能は、当方が郊外のマンション住まいのため、定評のあるFMラジオのチューナーの能力は全く感じられなかった。仕方なくTV配線から同軸ケーブルを分配して直接接続したところ、概ね全局受信できるようになったが、音質についてはPCモニターとしてロスレス音源を再生したときほどの感動はないが、十分納得できる音質だ。AMラジオについては、やや音質は落ちるがこちらはむしろラジオらしい音で、これはこれで良いと思われる。なお、AMラジオも同じく全く受信できなかったため、3,800円の専用外付けアンテナを購入した。購入してから気づいたのだが、このアンテナは1,000円程度で販売しているパナソニック製のループアンテナと同等の製品らしいので、こちらを試すべきだったとちょっと後悔している。

デザインについてだが、木製のキャビネット(購入した製品はクラシックウォールナット/ベージュ)の質感はさすがに本物のウッドだけあって、暖かみと高級感がある。仕上げについては、材質のせいもあるだろうが、最初から数カ所傷があり、塗装が剥がれている部分があるなど、やや雑な印象がある。ちなみに、チボリオーディオ社自体はアメリカの会社だが、本製品の製造は中国である。

ヘッドホン端子、REC OUT端子もある。電源はメガネケーブル。

しかし、細かい仕上げを除けば、スイッチ類のフィーリングは操作性にすぐれ、しっかりした作りになっており、テーブルラジオとしては高価な部類であるが、十分納得できる製品に仕上がっている。もっとも、32,550円という価格については本国では199ドル程度で販売しており、並行輸入品(ラジオの周波数範囲が異なるので、日本ではすべての局が使用できない)が2万円弱で手に入ることを考えると、もうすこし頑張って欲しいところではある。また、本国ではModel OneにもBluetooth搭載モデルが追加されており、PCモニター用として、より使いやすくなっている。日本でも価格を見直した上で、是非とも追加して欲しいところだ。

フットプリントは丁度モレスキンラージと同じサイズ。

ともあれ、2012年に物欲に負けて購入した様々な製品の中で、いい意味で期待を裏切り、とても高い満足度を与えてくれた本製品は、筆者的には最高の買い物であった。家電量販店で、美しいデザインであるが、モノラルスピーカーの高いラジオ程度の認識で2000年の発売以来、ずっとスルーしてきたことが残念でならない。あくまで個人的感想ではあるが、本当にすばらしい製品である。是非、店頭で音源持参のうえ音を聞いてみていただきたい。

AmazonでTivoli Audio Model Oneをみる。
posted by 物欲は海よりも深し at 23:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。